未分類

おいしい青汁ランキング!青汁が初めての人にもオススメな青汁を探しましょう!

投稿日:2017年8月30日 更新日:

「マズイ!もう一杯!」

なんてキャッチフレーズで有名となった青汁。
フレーズのインパクトが強かっただけではなく、、1度の試飲でギブアップするほど、本当にマズくて続けることが難しかったんです。

しかし、そんな青汁は昔の話。最近では『青汁=不味い』のイメージを覆し、『青汁=おいしい』というイメージが強い青汁が増えてきています。

やっぱり美味しくなければ続けられないです・・・が!

本当においしい青汁を見つけるのは、まだまだ至難の業です。

そこで今回は、私が実際に飲んでみて一番おいしかった青汁を、ランキングで紹介していきたいと思います。

青汁=苦いはもう古い!おいしい青汁を見分けるポイントって何?

まずは、『おいしい青汁』を見つけるときのポイントを、みなさんと一緒に見ていきましょう。

青汁の原料に注目しましょう

青汁は、おもに大麦若葉・明日葉・ケール・桑の葉の4つが使われています。それぞれの栄養面での特徴もありますが、飲みやすさも当然違うんです。

4つの原料のみで作られている青汁は、

大麦若葉>明日葉>桑の葉>ケール

の順番で青臭い青汁特有の苦みがありません。
そのため、初めて青汁を飲むときは、大麦若葉や明日葉の原料が、多く含まれている青汁を選ぶと間違いはないですよ。

抹茶や煎茶が配合されている青汁もあるんです!

更に最近の青汁には、抹茶や煎茶の粉末を使っている青汁が増えてきています。

抹茶や煎茶は、毎日飲む習慣を持つ人は少なくなってきているようですが、カテキンやビタミン・ミネラルなど体にいい栄養素が豊富に入っています。青汁と一緒に摂ることで、おいしくのみ続けることが出来るんですよ。

おいしい青汁を選ぶときに覚えておいて損はない3つの秘訣を紹介します

そんなおいしい青汁を選ぶときに、覚えておいて損はない3つの秘訣があります。

  • 価格
  • 原材料の量・品質
  • 原料の表示名

ここからはこの3つを詳しく説明していきます。

価格には十分注意してください

青汁は健康や美容、ダイエット時の栄養補給にとみなさんの目的に合わせて飲む物ですが、使い方は共通で体のために飲む物ですよね。

あまり安いものだと、中には品質が不安になる場合もありますので、1つの目安として缶コーヒー1本程度(100円~)を選ぶことをおすすめします。

原料がたくさん入っているとそれだけでコストが高まる可能性があります

また、注意してほしいのが『使っている原料の数』です。最近では、原料に複数の素材を使うことが増えてきています。原料が多ければ多い方がいい、ということはありません。

きちんと全体バランスを考えて配合されているかはチェックしたほうがいいと思います。原料の数が多いと、摂取したい栄養素が含まれている原料が少ししか含まれていない、なんてこともありますので、注意して選びましょう。

原料の表示名にも注目するといいですよ

更にあまり見られることはありませんが、青汁の原料の表示名にも注目しましょう。原料の表示名を見ることで、どのように作られているかを知ることが出来るんです。
栄養をしっかり摂れる青汁を選ぶためにも、覚えておきましょう。

○○葉末

この表示名は、天然粉末です。原料を丸ごと粉砕しているので、食物繊維も一緒に摂取することが出来ます。

○○エキス末

この表示名は、加工粉末です。エキス化したものをスプレードライしているので、食物繊維は取り除かれてしまいます。

おいしい青汁ランキング!私がオススメする青汁はこれだ!

極の青汁

極の青汁は飲料メーカー、“サントリー”が販売している青汁です。栄養価が高く、クセの少ない大麦若葉や明日葉に加え、宇治煎茶や抹茶をプラスすることで、『毎日飲める飲みやすさ』を実現しています。

お茶の様な飲みやすさからリピーターも多い人気の青汁です。

また、国産(※)の原料・製造過程に強いこだわりをもち、安心感を持って飲み続けることが出来ます。

そんな極の青汁は、“青汁=苦い”という印象を持っている方の、今までの青汁の常識を覆すほどの飲みやすさです。

今まで青汁を飲んだことが無い方や、青汁にいいイメージを持っていない方でも、極の青汁はオススメです。

※2015年の年間使用量ベース

価格

30包入り定期お届けコースで約108円+税

主な原料

大麦若葉粉末、明日葉粉末、煎茶、抹茶

内容量

30包(約10日~30日分)

90包(約30日~90日分)

 

ふるさと青汁

ふるさと青汁は明日葉を主原料とする青汁です。明日葉は緑黄色野菜の中でも非常の栄養かが高く、豊富な栄養を1杯で摂ることが出来ます。 また、明日葉に含まれる「カルコン」と呼ばれる特有成分は、肥満の抑制や血糖値の減少に効果があることが認められている栄養成分です。 そんな明日葉を葉っぱから根っこまで丸ごと使用しているのに、飲みにくさや苦みを感じず、抹茶風味飲みやすいのも特徴の1つ。 ふるさと青汁は、野菜嫌いや野菜不足で悩んでいる人にもオススメですよ。

価格

1杯あたり約137円

主な原料

明日葉葉茎末、明日葉根末、桑の葉末、大麦若葉末

内容量

30包(約10日~1カ月分)

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、バンテリンやキャベジンなどの第二類医薬品の販売を行っている、興和新薬が販売している青汁です。

この商品の特徴はなんといっても「ゼリータイプ」というところで、食物繊維が豊富なクマイザサや寒天に加え、緑黄色野菜の明日葉やケールなど約40種類の植物発酵エキスが含まれています。

さらに女性にはうれしいヒアルロン酸や乳酸菌まで配合していて、美容効果も高い青汁商品です。また、味に関しても抹茶や黒糖が含まれているので、上品な味を楽しむことが出来ますよ。

価格

1杯あたり約144円

主な原料

黒糖、ココナッツの花蜜、クマイザサ粉末、寒天、抹茶など

内容量

30包(約10日~1カ月分)

-未分類

Copyright© 青汁ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.