未分類

青汁の苦みは粒タイプで解決?青汁が苦手でもこれで野菜不足を解決しましょう

投稿日:2017年8月29日 更新日:

普段日常生活を過ごしているつもりでも、意外に野菜を意識して摂ることは難しいです。厚生労働省で発表している、1日の野菜の摂取目安量は350g。この量は意識していても摂取できていない場合もあります。

そんな野菜不足を解消する、救世主となってくれるのが青汁なんです。

青汁と聞くと、『マズイ』なんて言われて敬遠されがちな飲み物。最近は美味しく飲みやすくなったと言われますが、それでも1度飲んでみて

「やっぱり無理・・・!」

って人も多いはず。
そんなあなたでも、気軽に青汁のパワーを体験できるのが、青汁の粒タイプです。

今回は、そんな粒タイプの青汁で、私が一番オススメなものを紹介しましょう。

現代人は野菜不足?

そもそも、なぜ現代人は野菜不足と言われているんでしょうか。

「野菜は毎日食べているし・・・」

そう思っている方でも、実はほとんどの人が不足気味な傾向にあるんです。そこでもう一度、野菜不足が巻き起こす様々なデメリットについて、おさらいしていきましょう。

野菜に含まれる栄養は人にとって大切な物ばかり!

野菜から摂れる栄養と言えば、ビタミンやミネラル、食物繊維ですよね。ミネラルと言っても、日本人のみなさんが過剰摂取気味のナトリウムは少なく、ナトリウムと拮抗して働くカリウムの方が豊富に含まれています。

そのため、バランスよく栄養を補うことができるんです。

更にビタミンや食物繊維は、キレイやスッキリを維持するのに欠かせない大切な成分です。

野菜不足に陥ると何が起きる?みなさんに迫るデメリットとは

そんな野菜が不足すると、みなさんに様々なデメリットがあるんです。

思わぬ不調のもとに

野菜にはビタミン類が豊富に含まれているものもあり、健やかな毎日を守る成分が豊富に含まれています。そのため、野菜不足によって不調を招いてしまう人って、意外にも多いんです。

誰だってハツラツとした日々を過ごしたいと思っていますよね。

生活習慣が乱れる

さらに野菜の栄養は、私たち人間が必要な成分が豊富に含まれています。更に野菜を食べないということは、肉類や油物が食事の中心になることが多いはずです。

そのため、野菜が不足したまま放っておくと、栄養バランスが崩れてしまったり、塩分を摂り過ぎてしまったりと、体に良くないことは明白です。

滞りがちになる?

良く言われる話ですが、野菜不足が引き金になりやすいものって、体のめぐりではないでしょうか。毎日スッキリ過ごすためには、野菜に含まれる食物繊維を摂ることが大切です。

めぐりを良くしてスムーズな毎日を送るために、野菜は欠かせません。

気分がどんよりしてくる?

また、野菜に多く含まれるビタミンやミネラルが不足すると、なんだか気持ちがどんよりしてしまうこともあります。毎日を気持ちよく過ごすために野菜は重要な存在なんです。

野菜を積極的にとって栄養バランスを整え、いつもゴキゲンでいられる自分でいたいですよね。

野菜不足を解消するなら青汁がオススメなんです!

そんな皆さんの健康的な生活をサポートすることが出来るのが、青汁なんです!青汁は確かに苦いものもありますが、その分栄養が豊富に含まれています。

青汁はみなさんが体内で生成できない栄養である、ビタミンやミネラル類が豊富に含まれている野菜を丸ごと使った飲み物ですよね。

そのため、毎日の習慣として飲むだけで、不足がちな野菜の栄養を気軽に補うことが出来るんですよ。

青汁が苦手な人でも気軽に飲める方法はあるんでしょうか・・・

青汁と言えば、『苦い』なんてイメージを持たれがちで、好んで飲まれることはあまりありませんでした。

しかし最近の青汁の中には、青汁が初めての方や苦手な方でも、気軽に飲めるものが出てきています。

それは、“粒”タイプの青汁です。
「ほんとに青汁なの?」って思うかもしれませんが、水に溶く粉タイプよりも飲みやすく、気軽に始めることが出来ます。

その特徴と魅力を紹介していきましょう。

粒タイプにもいろいろあるんです

粒タイプとひとくくりにしても、水などと一緒にゴクッと飲み込むタイプの青汁や、お菓子のスナック菓子のように、ポリポリと食べることが出来る物まであるんですよ。

しかし、粉末よりも粒タイプの青汁がオススメって言いきれない理由も、中にはあります。それは「満腹感」と言うところです。

青汁と言う液体をのむことによって、ある程度の満腹感や満足感が得られるのですが、粒タイプを飲んだだけでは、そこまでの満足感は感じられないかも知れません。

青汁の粒タイプのメリットが凄い!

しかし青汁の粒タイプには、意外なメリットがあります。

水などに溶かす粉末の青汁だと、美味しさを追求するあまり、使う原料にもこだわりが必要になってしまいます。そのため青汁の中には、使っている原料の種類が多くなり使われている実際に含有される1種類あたりの量が少なくなってしまうこともあるんです。

その点粒タイプの青汁は、ほとんどの商品が原料にこだわっている物が多く、使われている原料の種類も少ない数に絞っています。

つまり青汁の粒タイプは、こだわりのある体にいい原料をぎゅーっと凝縮している商品なんですよ。

青汁サプリの粒タイプは賢い選び方を

そんな粒タイプの青汁も、中にはお勧めできない青汁もあるんです。

しかし、これから紹介する3つのポイントを抑えることで、みなさんに合った粒タイプの青汁を選ぶことが出来ますよ。

しっかりおさえて、自分に合った青汁を見つけていきましょう。

ポイント① 素材を厳選している

直接口に入れる物だから、素材の良さや安全性にこだわりのある物を選ぶことが大切です。

ポイント② 飲みやすい味・大きさ

青汁の味や香りが苦手でも摂れるのが、粒タイプの青汁のメリット。飲み込みやすい大きさや噛めるタイプなら味が良いことも外せないポイントです。

ポイント③ 続けやすい価格

毎日続けたい健康習慣なので、続けやすい価格であることも重要なポイントです。お得な定期購入など、購入特典があるかどうかも見ておきましょう。

みなさんの野菜不足は手軽に“青汁ゴーヤ”がサポートします!

実は、先ほど紹介した3つのポイントをすべて満たしている、私のオススメな青汁もあるんです。その青汁の名前は、『青汁ゴーヤ』と言います。

青汁ゴーヤは、

  • 青汁を美味しく手軽に摂りたい方
  • 毎日の野菜不足が気になる方
  • 外食が多く、食生活が不規則な方
  • 栄養バランスが気になる方
  • ご家族の健康を気遣う方

と言った方にオススメな商品なんですよ。

青汁ゴーヤはサントリーから販売されている青汁!

青汁ゴーヤは、伊右衛門や烏龍茶など、お茶の製造・販売に強みを持っている大手飲料メーカー、“サントリー”から販売されている青汁です。

大手飲料メーカーであるサントリーから販売されているだけあって、安心感をもって飲むことが出来そうですよね。

そんな青汁ゴーヤの嬉しい特徴に迫っていきましょう。

青汁ゴーヤの特徴って何?

青汁ゴーヤの特徴は、なんといっても「食べれる」と言う点です。粒タイプの青汁って、噛んでしまうと、「THE青汁」の独特な苦みが口いっぱいに広がってしまう物ばかりです。

しかし青汁ゴーヤは天然甘味料の1つ、フラクトオリゴ糖と抹茶を配合することで、青臭さやゴーヤ特有の苦みをなくして、お菓子のように食べやすい青汁を作っています。

青汁ゴーヤは原料も厳選しています!

そんな青汁ゴーヤは、原料にもこだわりを持っている青汁です。

青汁原料は大麦若葉を使用!

青汁の原料となる大麦若葉は、栄養の宝庫と呼ばれるほど、栄養価が高い原料です。特に大麦の穂を出す前の元気な若葉には、ミネラルやビタミン、食物繊維などの多彩な栄養が蓄えられています。

サントリーが『青汁ゴーヤ』の原料として選んだのは、熊本県阿蘇など国産の大麦若葉なんです。しかも、この大麦若葉を早朝から手作業で刈り取り、すぐに丸ごと粉砕加工して使うほど、原料にこだわっています。

ゴーヤは沖縄県産を使っています

更に青汁ゴーヤに使われている、もう一つの主原料であるゴーヤは、沖縄産のゴーヤを丸ごと贅沢に使用しています。

ゴーヤと言えば、スタミナ食材の1つであり、沖縄の暑い夏を乗り切るのに欠かせない食材で、人々の元気をずっと支え続けているんです。

サントリーの青汁ゴーヤでは私たちが普段食材として使っている身だけではなく、健康成分が蓄えられている種やワタからも、エキスをしっかり抽出しています。

原料の安全性や製造方法は大丈夫なの?

毎日飲む物なので、安全性や製造方法も気になるところですよね。

しかしそこは、大手飲料メーカーであるサントリーならではの、安全性への配慮もバッチリです。主原料となる大麦若葉とゴーヤは先ほど説明した通り、国産の物を使っています。

さらに産地以外にも、残留農薬検査や放射性物質検査をしっかり行っているだけではなく、GMP認証の国内工場で製造するほど、原料の検査と製造する工場までこだわる徹底っぷりを見せています。

つまり、青汁ゴーヤはかなり安全性が高く飲むことが出来る青汁タブレットなんですよ。

青汁ゴーヤは栄養価が高い?成分表示から見る栄養の高さ

青汁ゴーヤは、1日5~15粒を目安として飲むことを推奨している青汁です。そこで5粒当たりの栄養価を見ていきましょう。

熱量 4.15kcal
たんぱく質 0.01~0.21g
脂質 0.02~0.09g
炭水化物 1.02g
ナトリウム 0~2mg
食塩相当量 0~0.01g
食物繊維 0.14~0.50g
ビタミンK 0.37~24.5µg
フラクトオリゴ糖 100mg

こうしてみると、たった5粒なのにこれだけの食物繊維や、ビタミンなどが豊富に含まれていますね。

更に、大麦若葉が持つ食物繊維や栄養をしっかり摂ることが出来るのも、うれしいポイントの1つです。

青汁ゴーヤを実際に飲んでみました!

そんな青汁ゴーヤを実際に買って飲んでみました!

商品が届きました!

注文してからだいたい数日でで届きました。

大麦若葉と、ゴーヤの2ショットのパッケージは、インパクトが強いです。

粒は1回ずつ包装されているのではなく、袋の中にまとめて入っている感じになります。

ジップロック式なので、食べたいときにサッと食べることが出来ますね。

パッケージも破けにくそうで、丈夫そうな質感の仕様になっているので、カバンの中に入れても安心です。

どこにでも持ち運んで、好きなタイミングで飲めるのはうれしいポイントの1つですね。

飲みやすさ・美味しさはどんな感じでしょうか

袋の中はボトル状で売っているサプリメントのように、たくさん粒が入っています。さすがに150粒入っているだけあって、めちゃくちゃ多いですね。

また、袋を開けた瞬間に、抹茶の香りがふわっと漂ってきました。青汁らしい青臭さはほとんどありませんね。

しかし、粒を取ろうとすると、抹茶の粉末が指についてしまうのが、少しだけ残念なポイントです。

気になる粒のサイズは?

1粒出してみましたが意外にも小さく、直径8mm、厚みが5mmほどの大きさでした。

このサイズになるとよほど粒タイプが苦手な方でも、飲みにくいことはなさそうですが、噛むことも出来るので安心ですね。

実際に飲んでみました!

当たり前な話ですが、水で流し込むだけだったので、飲み込む時はさすがに無味無臭でした。口に入れた瞬間にほんのりと抹茶な風味があったくらいです。

しかし、青汁ゴーヤは噛んで食べることが出来るのが、大きな特徴。そこで実際に噛んで食べてみました!

噛んでみると、まるで抹茶きな粉の様な味で、何個でも食べていくことが出来るかなと思いました。和菓子みたいで結構おいしいですね。

甘みはなかったんですが、程よい抹茶の渋みを持っているので、万人受けする味だと思いますよ。

気軽においしく青汁の成分を摂取出来る、青汁タブレットみたいな感覚で食べることが出来る青汁なんです。

青汁ゴーヤを買うなら公式サイトがお得です!

そんな青汁ゴーヤですが、公式サイトでの購入がお得で安心感もあると思います。

更に公式サイトでは単品購入と定期コースの2つが用意されているので、青汁ゴーヤを買うときは、公式サイトから購入することをオススメします。

1回のみのお届け(単品購入)の価格一覧

価格(税抜) 1,600円+税
送料(税込) 無料
合計金額(税込) 1,728円

定期コースの価格一覧

更に定期コースは、通常価格の10%OFF、更に送料無料で購入することが出来るんです。

価格(税抜) 1,440円
送料(税込) 無料
合計金額(税込) 1,555円

まとめ

青汁ゴーヤは、青汁が初めての人や青汁が苦手な人でも、気軽に飲むことが出来る粒タイプの青汁です。

青汁ゴーヤは、粒タイプでいつでも手軽に食べることができ、食べれる青汁でおやつ感覚で美味しく青汁の成分を摂ることが出来ます。美味しく続けることが出来る青汁なので、野菜嫌いなあなたでも、気軽に続けることが出来るんですよ。

それにも関わらず価格は、通常購入でも約30日分1,600円(税抜)、たった1日約53円で続けられるんです!

健康的な生活を続けるためにも、青汁ゴーヤを楽しんでいきましょう!

-未分類

Copyright© 青汁ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.